なかなか下がらない血圧は青汁で改善できる

近年、健康志向が強まったことによって、人気になっているのが青汁になります。
青汁というのはとても飲みづらいイメージを持っている方も多いと思います。
昔からあの色や青臭さを感じさせるものが青汁だと思います。

青汁といえばまずい!というものでしたが、現在では青汁はとても飲みやすい健康飲料としての地位を確立しています。
今は自宅で、スムージーのような野菜ジュースを自分で作って飲むというのも流行っていますが、青汁の人気は根強いです。

青汁が持つ降圧作用

そもそも青汁と野菜ジュースというのは、似ているのですが、全く異なるものです。
青汁というのは青菜、いわゆる緑葉野菜限定で作られているもののことを指します。
そのため、大麦若葉やケールといった血液をサラサラにしてくれるものや、むくみを改善させる効能が濃縮されているというのが特徴です。さらさらに近づけてくれる青汁で有名なのがステラの贅沢青汁です。

多少飲みやすく果汁などを加えているのですが、メインとなるのは緑黄色野菜です。
野菜ジュースというのは少し異なります。

この青汁には、血圧を下げるという効能があります。
まず青汁にはカリウムが豊富に含まれていますが、このカリウムには血圧を下げる作用があります。
カリウムが日本人がついつい過剰摂取してしまう塩分を排除してくれる働きがあるのです。
このカリウムを摂取することで、むくみを解消したり、血液をサラサラにする効果があるのです。

カリウムを多く含む食品

カリウムを多く含む食品としては、パセリ、よもぎ、ほうれん草にアボカド、ひじきなどがあります。
一番理想的なものは、毎日青汁を1杯飲み続けるということです。

体質が変わるまでには3ヶ月以上がかかるといわれています。
そのため、3ヶ月から6ヶ月の間は継続して飲み続けることが重要です。

青汁を飲むタイミングは?

血圧を下げるうえでのおすすめのタイミングは、朝寝起きに1杯飲むということです。
冷たく冷やした青汁を朝一番に飲むようにしてみてください。
腸の蠕動運動を刺激して、快便促進にも繋がります。

カルシウム不足を補うために牛乳を一杯飲むように、青汁を混ぜてみてくだし。
製品によっては抹茶風味のものもありますが、抹茶風味のものを飲むと牛乳に混ぜると抹茶ラテのようにとても美味しく飲むことができます。

このような意味でも乳製品は青汁との相性が抜群です。
また、ヨーグルトに混ぜても食べやすいですので、毎日続けて血圧を下げようと思うのであれば、飲み方にも工夫をしてみてください。

コメント