青汁に使われている材料は?どんなものが主流なの?

青汁には色々な素材が使用されていますが、中でもよく使用されているものをご紹介します。
昔の青汁の材料というのは苦味が非常に強いケールという食材だけを使用するのが一般的でした。
そのため、とても苦くて、飲みづらいものが多かったものです。
しかし、最近の青汁の材料として代表的なものは、ケールだけではなく大麦若葉、明日葉、そして桑の葉といったものがあります。
これらを単品で、もしくは組み合わせて作られているものが大半です。

また、飲みやすいようにハチミツなどの甘味料、その他の野菜や成分が含まれているものもあります。
製品によって材料の配合、含まれている成分の種類は違ってきます。

青汁に使用されている材料の特徴

まずケールです。
ケールは非常に苦味が強いのが特徴で、ビタミン、ミネラルといった栄養分を豊富に含んでいます。
栄養価は野菜の中でも特に高い部類に入ります。

カルシウムが野菜の中でも特に多く含まれます。
また、メラトニンによって睡眠の質が飛躍的に向上しますし、美肌効果や便秘改善効果、高血圧予防にも一定の効果を期待することができます。
さらに生活習慣病を予防するうえでも効果的な栄養素が豊富に含まれています。

大麦若葉の栄養素

大麦若葉はほんのり甘さがありとても飲みやすいのが特徴です。
食物繊維がケールよりも多く含まれており、鉄分が多く含まれています。
この鉄分は赤血球の材料となりますので貧血予防に効果的です。

ケールと同じように美肌効果が高く便秘改善、高血圧予防にも効果的とされています。
生活習慣病予防にも効果を期待することができます。

明日葉

食物繊維がケールよりも多く含まれており、βカロテン、カルコンが豊富に含まれています。
非常に高い抗酸化作用があります。
造血作用のあるビタミンB12が豊富ですし、カリウムも多く含まれています。

美肌効果が高く便秘解消やむくみ予防、高血圧予防に生活習慣病予防にも一定の効果を期待することができます。

青汁はなにを基準に選ぶ?

種類が多い青汁ですが、どのようにして選べば良いのでしょうか。
青汁を選ぼうと思っても、種類が多すぎて悩んでしまうと思います。
青汁と一言でいっても実際のところは材料が商品によって少しずつ異なります。

材料が違っても、食物繊維、ビタミン、ミネラルといった栄養素を豊富に含んでいますので、得られる効果に大きな違いはありません。

しかし、どのような効果を得たいと思っているのかによって必要となる栄養分もまた違ってきますので、青汁を選ぶ時には期待している効果に合わせて栄養成分を確認したうえで選ぶようにしましょう。

コメント