青汁の基本は?どんなことに気をつけたらいい?

青汁の基本といえばどのような内容だと思いますか?
実は多くの方が青汁の基本的なことをあまり理解していないようです。
そこで、青汁の基本の基本を解説していきます。

青汁はまずくない!

青汁は苦くて臭くて美味しくない、というイメージが強いと思いますが、最近では味に工夫されているものがとても多いですので、以前に比べるとかなり飲みやすくなっています。
健康のために飲んでいる方も多いです。

健康のために青汁を飲んでみたいと思っている方は美味しい青汁を飲むことで無理なく続けることができます。

そもそも青汁とは

青汁は、栄養価の高い緑黄色野菜をぎゅっと絞って作った汁のことを言います。
原料の緑黄色野菜を乾燥させて粉末にし、水に溶かすというのが一般的なのですが、錠剤タイプのものもありますし、フリーズドライタイプ、急速冷凍タイプなど様々なものがあります。
この青汁の歴史というのは実はかなり古いです。
平安時代に書かれたとされている日本最古の医書である医心方にはすでに複数の植物を利用してつくった青汁の記載があります。
これこそ青汁の起源であるといわれているのです。

青汁には1000年以上もの古い歴史があるということです。
さらにその後には戦中における食糧難での栄養失調が大きな問題となったために、その栄養不足を補うために青汁がさらに改良され作られていきました。

青汁の持つ効果

青汁は薬とは異なりあくまでも食品です。
そのため、飲んだからといってすぐに効果があるのかといえばそうではありません。

毎日しっかりと継続して飲み続けることによって、始めて効果を実感できるようになるのです。
目に見えて効果が現れるというのではなく、体が前よりも少し調子が良いきがする、という程度かもしれません。
青汁の材料というのはとても栄養価が高いものばかりで、ビタミン、ミネラル、さらには食物繊維が豊富に含まれていますので、青汁を帰属して飲むことによって得られる効果というのは野菜不足を補って得られる効果と同じになります。

美肌効果

ビタミン類の持つ抗酸化作用によって細胞が酸化したり廊下するのを遅らせる効果が期待できます。
また、酵素の働きによって老化の原因となる活性酸素を取り除きます。

食物繊維が腸の蠕動運動を促進するので、便秘解消にも効果的です。
カリウムはむくみ解消効果が期待できますし、免疫機能を司っている腸の働きが改善されることで免疫力をアップするなどといった効果も得られます。

コメント