青汁の飲み方による効果の違いってあるの?

人によって青汁を飲む目的、期待する効果というのは色々です。
青汁は基本的に好きな時に飲んでも良いのですが、効果を高めたいのであれば、自分が期待している効果によって摂取する時間帯も変わってきます。
どの時間帯がどのような効果を生むのかを確認してみましょう。

寝起きの一杯

青汁は、まず朝起きてから飲むというのがおすすめです。
野菜不足の解消、栄養素を摂取するということを目的としている人は、青汁を飲むことによってとても高い効果が得られるのです。

就寝中にはとても長い時間エネルギーを補給していません。
そのため、朝には水分や栄養分を体が欲している状態です。
つまり、希少してから青汁を飲むことによってすばやく栄養を吸収できるのです。

また、朝に程よく冷えた青汁を飲むことによって、脳が活性化します。
仕事や家事に対しての集中力が高まるという効果もあるのです。
冷たいものを朝飲むとお腹を壊してしまうという場合には温かいミルク、お湯に混ぜるなど工夫をしてみましょう。

寝る前に飲む

便秘にお悩みの方は、就寝前に青汁を飲むことによって腸内環境を整えるこtごあできますし、お通じがとても良くなります。
また、青汁に含まれるケールにはメラトニンという快眠効果の高い成分も含まれていますので、寝付きの悪い方、眠りの浅い方は青汁を飲むことによって睡眠をしっかりととることができます。

食事の前や空腹時に飲むのも効果的です。
青汁によるダイエット効果を高めたいのであれば、空腹時に食事の前に飲むようにしてください。
青汁に含まれている食物繊維が満腹中枢を刺激しますので食べ過ぎを予防できます。

さらに青汁を飲んでからすぐに食事を摂取するのではなく、15分から30分ほど時間をあけると、効率よく満腹感を得られるようになりますので食べ過ぎ予防に効果的ですよ。

食事と合う青汁でドクターベジフル青汁があります!

何度かにわけて飲んでみる

高齢の方などは、一度にコップ1杯の青汁を飲むのは大変、という方もいると思います。
栄養を摂取する目的であれば、1杯を何度かに分けて飲んだとしても青汁の効果は薄れません。

逆に、一度に飲んでしまうと、栄養素が一度にまとめて排出されてしまうこともありますので、何度かにわけで飲み、こまめに吸収することで吸収率も高まります。

このように、青汁というのは飲む時間帯、効果によって得られる効果に少しずつ違いがあります。
早く効果を出したいからといって1日に何度も飲むというのはあまりおすすめできません。
食物繊維の過剰摂取によってお腹がゆるくなってしまったり、体調を崩してしまうこともありますのでご注意ください。

コメント